トリキュラーでバストアップするって本当?

薬を飲んでいる女性

トリキュラーでバストアップするかどうかを結論付けるためには、まずどのようにして避妊効果を発揮するかを説明しなければなりません。
トリキュラーを服用することで卵胞ホルモンと黄体ホルモンを体内に摂り入れることが出来ます。
そうすることで脳下垂体に排卵を促すホルモンである卵胞刺激ホルモンの分泌を抑えるように働きかけ、排卵の抑制につながります。
つまり脳に体は妊娠しているので排卵を止めるように、偽の指令を出すことが出来るのです。
ここでポイントは身体が妊娠していると錯覚しているということです。
脳が妊娠していると錯覚している以上、吐き気やおう吐などの悪阻の症状や頭痛など妊娠初期に似た症状が副作用として出る場合があります。

この副作用の中に乳房の張りがあります。
妊娠すると女性の身体は、赤ちゃんにおっぱいを飲ませてあげられるような身体へと変化していきますが、乳房の張りもその1つです。
よく妊娠するとバストが1~2サイズアップすると言いますが、トリキュラーを服用したことで多くの卵胞ホルモンと黄体ホルモンを摂取し妊娠したと勘違いした脳は乳房を張らせ、バストアップへとつながるのです。
ということでタイトルは本当である、という結論になります。

しかしこれはトリキュラーを服用による副作用なので、服用した人全てに起こるとは限りません。
また副作用という人は、トリキュラーの服用を止めるとバストアップの効果は無くなってしまう、というのもあります。
実際に、服用している最中はバストのサイズが大きくなったが服用を止めたら元のサイズに戻ったという人を多く見かけます。
そのため、トリキュラーを服用している最中はバストアップする、というのが正しい結論かもしれません。
間違ってもバストアップの為に服用する薬ではありません。
通販ではトリキュラーを安く購入できますが、しっかり用法容量を守って服用するようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ