トリキュラーの母乳成分への影響

OKサインを出している女性

トリキュラーは、避妊目的で使われる薬なので、女性ホルモンに影響を与える事が特徴です。
妊娠している女性の場合は、母乳成分に影響を与える事に加えて、安全性が十分に確認されていないので、授乳を開始する前にはトリキュラーの使用を中止する事が大切です。
トリキュラー自体は、正しく服用を行えば安全な薬ですし、副作用が深刻でなければ繰り返し使う事も出来ます。
しかし、副作用の数は決して少なくない事、望まない症状が発生する可能性もあるので、状態に応じて使い方を変える事が必要です。

トリキュラーの作用は、妊娠していない女性であっても、母乳が出てしまう症状を発生させる事があります。
避妊中は勿論、出産後でもトリキュラーの影響はあるので、使い方を良く考えて服用を行う事が大切です。
妊娠をしている女性は、トリキュラーに触れる事自体が体に影響を与える切っ掛けになるので、望まない接触を避ける為にも、薬の保管は厳重にする必要があります。
また、明らかな妊婦だけではなく、妊娠の疑いがある女性にとっても大切な問題なので、避妊を行っている最中であっても、常に妊娠の可能性を考えながら薬を使う事が欠かせません。

トリキュラーには、禁忌の項目が複数存在していたり、厳重な使用判断が必要な条件も複数あるので、使い方が難しく専門的な判断が必要な薬といえます。
既に妊娠している人にとって、トリキュラーの使用は認められていないので、この理由さえ理解していれば使用や接触を避ける事が出来ます。
母体自体には問題がなくても、母乳から栄養を受け取る赤ちゃんにとっては、未確認の影響が潜む可能性があります。
安全を考慮するのであれば、薬の影響が抜けてから授乳を開始する方が安全なので、母乳を与える事が出来るか医者に判断を仰ぐ事が役立ちます。