芸能人も使ってるトリキュラーやIUD

微笑む女性

トリキュラーや子宮内避妊器具(IUD)は望まない妊娠を回避するために使用される方法で、トリキュラーは低用量ピルにあたり、IUDは子宮内に設置する避妊具となります。
トリキュラーは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが低用量で配合され、服用することでホルモンバランスを一定に保つことで排卵を抑制し、受精および着床を不可能とします。
21錠や28錠のタイプが存在し、月経サイクルに合わせて服用することで、計画的な避妊が可能で、避妊率も99.9%と高い効果を発揮します。
トリキュラーは低用量ピルの中でも三相性と呼ばれるタイプで、月経サイクルのうち3段階でホルモン量を調節することで、女性のホルモンバランスを自然な状態に近づけてくれます。
この効果から、避妊だけでなく月経がコントロールしやすく、生理による出血量や痛みなども緩和され、芸能人が好んで使うようになっています。

避妊具であるIUDは、子宮内に直接器具を装着するもので、高い避妊効果を発揮することができます。
避妊失敗によって妊娠の可能性があっても、5日までに挿入することでほぼ確実な避妊が可能とされ、緊急避妊法のひとつとしても利用されています。
装着するとそのまま継続的に使用することができ、だいたい5年程度は効果を発揮することから、低用量ピルによる避妊よりも費用が安くなります。
最近ではホルモンを放出するIUSと呼ばれるタイプが登場しており、月経困難症や月経過多の治療に用いられることもあります。
低用量ピルでは35歳以上の女性や喫煙中の人は、血管が詰まる血栓症のリスクが高まることから処方は難しいとされ、IUDによる避妊方法が効果的とされています。
特に妊娠や出産の経験がある人におすすめされる方法です。